さあ、世界へ届けよう。

世界があなたを待っています。世界があなたをさがしています。世界にあなたを届けましょう。

そのホームページは、海外仕様ですか?

貴社のホームページには、海外の方に向けた英語ページをご用意してますか?

インターネットの発展で、世界中の人々に向けて情報を発信することができるようになりました。
では、その情報は本当に世界の人々に届いているものでしょうか。

話す言語が違うことで、実質的な国境があるとは思いませんか?

何かを探しているときに見つけたWEBサイトが、
理解できない言葉のページだったために、離れてしまった経験はありませんか?
そのとき、そのWEBサイトには、あなたのお悩みや課題を解決する有益な情報があったかもしれません。

そして、それは海外の人も同じです。
貴社のホームページに訪れ、日本語が理解できずに離れてしまった事があるでしょう。

世界の標準は、やはり英語です。
インターネットをはじめとした情報社会の共通言語として、
まずは英語ページのご用意があると良いですね。

Q. 自動翻訳機能で十分では?A. さらに、ローカライズをおすすめします。

Google翻訳などを活用して、ホームページに機械翻訳機能を設置することは可能ですが、
貴社サービスの魅力を最大限に伝えるためには、 ローカライズ制作で海外仕様に最適化されることをおすすめします。

ローカライズとは?

貴社のサービスは、日本人に限定して提供されているものでしょうか。

貴社のサービスや商品を購入したいと考えている外国人の方々にも、 気持ちよく提供したいですよね。

ローカライズとは、貴社のサービスや商品を、海外の方々が扱いやすいように その国の言語や単位にあわせた情報に変換することです。

外国人の方々は、海外在住もしくは日本在住かに分けて考えられます。 日本在住であれば翻訳で最低限の情報提供が実現できますが、 海外在住の方々向けには、取り扱う通貨やサービス提供手段などの配慮も必要です。

さらには、海外在住の日本人の方でも、海外から貴社のサービスや商品を 手に入れたいと考えていらっしゃるかもしれません。 貴社サービスの顧客で、海外赴任や移住をされた方もいらっしゃると思います。 翻訳は不要ですが、取引の通貨や手段を最適化する必要があります。

海外仕様で情報発信をして、サービスを提供をするとき、
 1. 海外在住の外国人向け
 2. 日本在住の外国人向け
 3. 海外在住の日本人向け
の3種類の顧客に分類することができます。

ローカライズすることによって、それぞれの顧客別に最適な情報提供を実現します。


【例】ファッション通販サイトを、
米国向けにローカライズする場合

  言語 通貨 寸法 配送
日本在住 の
日本人向け
日本語 メートル 宅配便
海外在住 の
外国人向け
英語 米ドル メートル 海外輸送
日本在住 の
外国人向け
英語 インチ 宅配便
海外在住 の
日本人向け
日本語 米ドル メートル 海外輸送

海外仕様にアップデートしましょう!

単位・通貨

例えば、同じ英語圏でも、アメリカとイギリスでは、扱う単位や通貨が異なります。
イギリスではメートルやグラムなどを使いますが、アメリカではインチやポンドで計測します。
また、通貨もドルかユーロかの違いがあります。
つまり、日本語サイトをただ英語に翻訳しただけでは、アメリカ人には理解しづらいご案内になっているかもしれません。


文化・宗教

文化や宗教を配慮したページの構成も考えたいですね。
例えば、動物性食品やアルコールを制限する宗教圏に向けて通販でサービスを提供するとき その事に配慮した商品販売を計画する必要があります。
また、WEBサイトに掲載する写真にも、女性や人物の使用を控えるべきケースもあります。
ただ販売商品を買ってくれないだけでなく、意図せず傷付けてしまう恐れもあります。


習慣と好み

そして、ホームページ制作に欠かせないのがデザインです。
各国の習慣の違いにより、デザインの好みが異なります。
例えば、日本人は淡い配色を好むとされていますが、 アジア諸国では強いピンクなどのはっきりした配色を好む 国もあります。人気ファッションや家屋のデザインも それぞれの国で異なるように、ホームページも見やすいと 感じるデザインがあります。

© 2013-2019 Plazas,Inc.